*柚木梨沙ぶろぐ*

ARTIST

August 07, 2017

東方神居祭、そしてLIVE、ありがとうございました。

遅くなりましたが、どうしてもみなさんにお礼がしたかったので、
ブログに書かせてね。 長いです・・・><

***
今回東方神居祭でLIVEに関わってくださったみなさま、
ツイッターで応援してくださったみなさま、
ご心配おかけしてごめんなさい。

神居祭LIVE前日の夜から、声がでなくなってしまいました。
ここまで酷くなったのは活動を始めて以来、初めてでした。

薬を飲んだり、加湿したり、のどスプレーしたり、
思いつく限りのいろんなものを試しても
悪化するばかりだったので、不安で不安で。

当日朝、病院にかかったら「声の出しすぎ」ということでした。
普段から喉には負担をかけないよう、
自分なりに気をつけていたつもりだったから、
意識が足りていなかったことが悔しかった。

お医者さんからは、
「薬は出せるけど今処置できることはないから、今日は声を出さないで」
と言われたんですが、
反射的に「いや、わたし今日絶対歌います」って返してて。笑

北海道のお医者さん…あの…ごめんなさい(;_;)(;_;)

Twitterでみんながくれたリプを見たり、
病院から即売会に戻ってきたわたしに、会いに来てくれた人たちの顔を見て、
どうしたら一番いいかずっと考えてました。
みんなが会いに来てくれた時間を、
私が無かったことにするのだけは嫌で。

一方で、ステージ前に集まってくれてる人の多さを見て、
本番始まる瞬間まで、
本当に最後まで歌えるのかって 逃げ出したい気持ちもありました、

1曲目が始まって、歌い出しからやっぱり声は出なくて、
喉もガサガサで、こんなの人に聞かせられるかってくらいで、
「ああ、だめかも」って思った。消えたかった。

みんなの不安そうな表情とかも見えて、
やっぱりやらないほうがよかったのかもしれない、

この一曲を歌い終えたら
「すみませんでした、今日のライブは終了です」って
終わらせたほうがいいのかもとか、すごい混乱して。

でも、1曲目からたくさん盛り上げてくれてる人たちが、
がんばれって言ってくれてる気がして、
とにかくどうにかしないといけないっていう気持ちで、

2曲めからは、少しでも喉に負担がかからないような、
のどのがさがさが気にならないような
歌い方に変えたり、工夫しながら歌いました。

こんな声の私の歌でも、楽しんでくれてるのを感じたから、

やりきらないといけないし、やりきりたいし、
とにかくこの瞬間をいいものにすることだけ考えて歌うんだ
って思って、
ひたすら全力で歌わせてもらいました。

いままで4回ほど北海道のイベントは参加してきたけど、
ライブ後の列は過去最高に長かったんじゃないかと思うくらい、
沢山の方が時間いっぱいまで並んでくださいました。

ライブ感動しました!
とか、
本当に楽しかったです!
とか
大好きです!

という言葉をたくさんたくさんもらいました。
勿体無いくらいの暖かい気持ちをありがとう。
批判する声があっても仕方ないと覚悟していたんだけど、
みんなが本当に優しいからだね。

感動させてもらったのは私の方だし、
みんながライブ中
ずっと盛り上げてくれてたから歌いきれました。

その瞬間の全力でやったし、
私にとってはとても大切な時間になりました。
みんなにとっても楽しい時間だったならうれしいなあ。

改めて本当にありがとうございました。
Twitterで応援してくれていたみんなもありがとう。
ちゃんと届いてたよ。
まともにしゃべれる状態ではなかったので、
MCは、スタッフのsatoさんに内容を渡して話してもらいました。
本当にありがとうございました。

これから一層声を使う時間が増えていくと思うので、
ケアも怠らないようにします…(>_<)

またみんなに会えるの待ってるね。
夏はたくさんみんなに会えそうで楽しみ1f31f
これからもよろしくお願いします!

〜〜セットリスト〜〜
零れ桜 cover
overture
アウトサイダー
泡沫、哀のまほろば cover
贅沢なエンドロール
色は匂へど散りぬるを Fractal1.5ver.